関東の特殊清掃/遺品整理/災害復旧ならSweepersにお任せください

【事件現場特殊清掃センター認定】孤独死の特殊清掃から火災復旧/コロナウイルス消毒作業365日即日対応!!

ホームブログ ≫ 生活保護受給者の孤独死現場にて特殊清掃作業を茨城県龍ヶ... ≫

生活保護受給者の孤独死現場にて特殊清掃作業を茨城県龍ヶ崎市内にて行いました

キャプチャ
こんにちは。

今回は茨城県龍ヶ崎市内にて生活保護受給者の方の孤立死現場清掃を行いました。
生活保護を受けていた今回の故人様が発見に至った経緯は、連絡がとれないことを不審に思った市役所職員の方の通報だったようです。

定期的な連絡の大切さを感じる現場となりました。

私がこれまで作業に入った特殊清掃現場は大半がものが多く中にはゴミ状態の中で孤独死されていたというケースもありました。
今回の現場は私にとっては初めてに近いほどのものが少ない現場でした。

清掃前居室全体

テーブルの天板のみがあり多少でも高さを出すためでしょうか、新聞紙がその下に敷き詰められておりました。
窓際には道端で拾ったとみられる花が空いた酒瓶に飾られています。

テレビはテレビ台の代わりに発砲スチロールの上に置かれていました。

現場状況からお布団の中でお休みのところお亡くなりになったという状況が分かります。

DSC_2720

カーテンの無い室内に目隠しをするためか窓の真ん中にカレンダーが吊るされていました。
カレンダーには好きなテレビの予定が書きこまれています。

今回死後日数は不明とのことですがカレンダーから死後2~3週間と推定されます。

3913

気温が特別高かったわけではありませんが、体液が畳にもべったり漏れてしまっています。
今のご時世賃貸住宅でも隣にどんな方が住んでいるのかさえ分からないという方が多いですが、ご近所や友人との交流が万が一の際の早期発見につながるのではないでしょうか。
この仕事に携わってから、人とのつながりの重要さを改めて実感します。

3914

この現場は原状回復工事(リフォーム)までスイーパーズにお任せしてくれたため大家さんのご要望で汚染されていない畳まですべて交換となりました。
ここまでの体液だと畳の下にも間違いなく体液の流出があるため、そちらも併せてご説明させていただいております。

3917

ご遺品を整理していく中で故人様のお姉さんからのお手紙が数枚出てきました。
そのどれもに体を大事にねと故人様を気遣うお姉さんの言葉が書き記されています。

現場から出てきたお写真は数枚でしたが、お姉さまにお渡しできるよう不動産会社様にお渡しさせていただきました。

3728

床下の体液洗浄やクロス剥がしを終了しOST法を用いたオゾン燻蒸を3日間行ったのちクロスと畳を交換しお引き渡しです。

室内が一気に明るくなったように感じます。

今回の作業料金は短期孤独死保険に加入されていたため保険対応となりました。
2020年10月22日 11:06

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら

Sweepers

所在地
〒315-0052 茨城県かすみがうら市下稲吉1598-8
電話番号
0800-808-8855
営業時間
24時間
定休日
年中無休

コンテンツ

モバイルサイト

特殊清掃 SweepersスマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら