24時間365日対応!まずは無料相談
0800-808-8855
LINE 無料相談
コラム

特殊清掃の業者の選び方、悪質業者を避ける方法

特殊清掃
2022.10.26 2022.10.27

孤独死などの事後処理は「特殊清掃」の専門業者に依頼するのが一般的です。

しかしながら、この業界にも「悪質業者(悪徳業者)」が存在していますので、そのような業者に依頼しないように注意を払わなければなりません。

本記事では、特殊清掃を依頼するべき業者の選び方について解説します。

特殊清掃を業者に依頼するメリット

そもそも、孤独死の後始末は特殊清掃の専門業者に頼まなければならないのでしょうか?

業者に依頼するメリットを解説しましょう。

どんな悪臭でも除去できる

1つ目のメリットは、「悪臭の除去」に関することです。

特殊清掃を業者に依頼するのは、「孤独死」のように遺体が死後しばらく放置されていたケースです。

孤独死などの現場では遺体から腐敗臭が発生し、その臭いが部屋中に染み込んでしまっています。

それが賃貸の部屋だった場合、その腐敗臭を何とかしないと、今後その部屋で誰かが住んだりすることはできないでしょう。

「市販の消臭剤で良いのでは?」と軽く考える人もいるかもしれませんが、死後何週間も放置されていた死臭は、市販の消臭剤などではとても消臭することなどできません。

プロの特殊清掃業者は、専用の消臭用機材を使用して頑固な腐敗臭もしっかり消臭します。そのため安心してその後も住居空間として使用できるように原状回復できるのです。

原状回復できる

2つ目のメリットは「原状回復」に関することです。

孤独死の現場が特殊なのは「腐敗臭・死臭」だけではありません。

「遺体から発生した体液」「遺体で増殖した細菌・ウイルス」のようなものが腐敗した遺体からさまざまな影響を波及させているのです。

これらも素人にはとても太刀打ちできないものです。

持ち家ならまだしも、賃貸の部屋なら、大家さんとの賃貸借契約を解除するためには原状回復しなければなりません。

プロの特殊清掃業者は壁や床を大家さんも賃貸借契約の解除に納得してくれるレベルで確実に原状回復できます。

手間がかからない

3つ目のメリットは「片付けの手間」に関することです。

特殊清掃が必要な現場では、消臭作業や体液の影響による壁紙や畳の交換作業の他に、故人が残した家財の処分など、様々な作業を行わなければなりません。

特に、現場がいわゆる「ごみ屋敷」のようになっていたら、不用品を処分するだけでも数日かかってしまうこともあるのです。

素人の方が片付けに費やせる時間には限りがあると思います。

しかも、腐敗臭やごみなどの影響があるため、近隣の住民は「早く片付けを済ませてほしい」と急かしてきます。

プロである特殊清掃業者は、遺体の影響除去から不用品の処分まで、孤独死の現場に慣れた作業員がスピーディに片付けてくれます。依頼人はほとんど手間をかけずに孤独死の現場を片付けることができます。

不用品の処分も依頼できる

4つ目のメリットは「不用品の処分」に関することです。

孤独死の現場には、故人が生前に使用していた家財の大半がそのまま残っていると思います。

賃貸借契約を解除するなら、これらの家財もすべて室外に退去させなければなりません。

遺体の腐敗が進んでいる場合では、これらの家財にも腐敗臭やウイルスなどが付着している可能性があります(孤独死の現場に残された家財の8割は処分されています)。

素人がこれを片付けるには、やはり1日やそこらでは難しいでしょう。腐敗臭やウイルスが漂う室内での作業は健康を害する可能性が大です。

プロの特殊清掃業者は家財処分に必要な資格も有していますので、遺品・家財の整理および不用品の片付けまで一括して任せることができ、依頼人は手間をかけずに不用品を処分できます。

プロの一言アドバイス

業者によっては不用品処分を別の下請け業者に委託することがあります。
その場合は費用が割高になることもありますので注意しましょう。
あらかじめ不用品処分に関する資格を有している業者を選んでおけば、そのようなことはないでしょう。

特殊清掃を依頼する際の費用相場

電卓を持つ業者

特殊清掃を業者に依頼した場合、どのくらいの費用がかかるでしょうか。

間取り別の料金相場

特殊清掃の料金は「間取りの広さ」で変動します。

間取りの広さ料金
1K〜1R(9㎡〜28㎡)80,000〜280,000円
1DK〜3LDK(25㎡〜70㎡)130,000〜480,000円
4DK〜(71㎡〜)250,000〜690,000円

ただし同じ広さの部屋でも、どのような作業が必要になるかということによって、料金も増減します。

特に、死後かなりの長期間放置されていた現場を特殊清掃する場合には、かなり高額な費用を請求されることになるでしょう。

つまり、孤独死の現場片付けを業者に依頼するなら、できる限り早く依頼することが費用を抑えるポイントになるのです。

作業内容別の料金相場

前述のとおり、特殊清掃の料金は「作業内容」によって変動します。

作業内容料金
体液や血液の清掃50,000〜100,000円
基本消臭処理(例 1K)18,000〜25,000円
消毒、除菌(例 1K)20,000〜25,000円
畳撤去(体液血液付着)5,000〜10,000円
建具撤去(体液血液付着)5,000〜10,000円
オゾン脱臭 BC工程50,000円 / 1h

必要な作業工程が多い現場であるほど、費用もかさんでいきます。

ただし、同じ作業内容でも業者によって料金は異なります。

複数の業者から相見積もりをとることで、なるべく料金の安い業者に依頼することができるでしょう。

プロの一言アドバイス

いわゆる「ごみ屋敷」の場合、大量にある物のうちどのくらいを不用品として処分することになるかによって、費用は大きく変わります。
不要品が膨大でトラック数台分にもなるような現場では、それなりに費用も高額になります。

悪質業者の特徴

特殊清掃の専門業者に作業を依頼することのメリットを上記で解説しましたが、それはあくまでも「優良業者」の場合です。
この業界においてもいわゆる「悪質業者・悪徳業者」が存在しています。

悪質業者の特徴について解説しましょう。

強引な営業をしかけてくる

悪質業者は「強引な営業をしかけてくる」という特徴があります。

執拗な営業電話を繰り返したり、契約するまで帰らないといった、かなり強引な手口で特殊清掃の契約を迫ってくるのが悪質な業者です。

手段を選ばない営業手口の中には、有無を言わさない言葉遣いをしたり、理不尽な言いがかりをつけて強引に契約を迫ったり、ひどい場合は恫喝さながらに声を荒げたり、乱暴な態度で相手に恐怖感を与えます。顧客が怖くて断れないような心理状況に追い込む業者がいるのです。

態度は柔らなくても、「今決めたら安くなる!」と調子よく契約を急かす業者にも要注意です。実際には、時期によって費用が安くなるようなことはありませんから。

特殊清掃のプロフェッショナルである私たちSweepersとしては、非常に悲しい思いなのですが、残念ながら、高齢者や女性が一人で対応すると強気に出て強引な営業をしかける悪質業者が後を絶たない現状があります。

優良業者はこのような営業手法をとることは絶対にありません。「強引だな」と思ったら、悪質業者であることを強く疑って警戒してほしいと思います。

遺品を強奪する

悪質業者は「遺品を強奪する」という特徴があります。

「遺品は回収しないでほしい」「遺品を処分しないでほしい」とあらかじめ事業者や作業員に伝えていたのに、誤って大切な遺品を回収されてしまったということは、優良業者でも非常に稀に起こることはありますが、優良な業者なら、万が一こうしたミスを犯しても、補償など対応がしっかりしています。

ところが、悪質業者の場合は、依頼者が見ていないところで、遺品である現金やブランド物など金銭的価値のある宝飾品や貴金属、骨董品などの遺品を故意に盗んだりするのです。

また、いわゆる「へそくり」は最も盗まれやすい遺品と言われています。

これは遺族の知らないところに隠されているのが普通なので、遺族も盗まれたことに気づきにくいのです。

他にも、持ち出しやすい大きさの家電製品やスマートフォン、カード類が入ったままの財布や商品券など、狙われやすい遺品はたくさんあります。

優良業者は決してそのようなことはしませんので、少しでも疑わしいところがあれば、契約しないようにしてください。

まともに作業しない

悪質業者は「まともに作業しない」という特徴があります。

特殊清掃の業者は、原状回復と遺品整理・処分という手間のかかる作業を代行するものですが、悪質業者はその作業の品質がとにかく低いのです。

雑な作業をして部屋の中(壁など)を傷つけたり、遺品を破損したり、丁寧な作業とはとても言えないような低品質な作業を行います。

しっかり原状回復をしなければならないのに、消臭も不完全、体液の染みついた畳も交換しないなど、適当な作業で作業完了しましたと報告する業者もいるようです。

優良業者は「遺族の気持ちを考えた特殊清掃」を心がけています。丁寧で質の高い作業を厭いませんので、どんなに安い見積もり金額を提示しても悪質業者とは契約しないでください。

相場よりはるかに高額な料金を請求する

悪質業者は「相場よりも高い料金を請求する」という特徴があります。

その厄介な手口は、見積もりの段階では相場よりも安い金額を提示しておきながら、追加料金などの名目で料金を加算し、最終的に相場よりもはるかに高額な費用を請求するというものです。

逆に、見積もりの段階から相場より高い費用を提示する業者もいます。

業者ごとに料金が異なるのは普通ですが、相場をはるかに超えるような金額を提示する悪質業者がいるのです。

特殊清掃を依頼することなど、普通の人であれば一生に一度あるかどうかでしょうから、高い見積もり金額を提示されても、「そのくらいかかるのか」と思って見過ごしてしまうこともあるでしょう。悪徳業者はそういう心理につけ込むのです。

優良業者は、適正な見積もり金額を提示し、よほどのことがなければ追加料金を請求するようなことはありません。見積もりの段階で金額や内容が怪しいと判断したら、契約しないようにしてください。

処分した遺品を不法投棄する

悪質業者は「処分した遺品を不法投棄する」という特徴があります。

優良業者は、不用品(不要な遺品)の処分を依頼されると、適切な方法で処分してくれます。

悪質業者は、回収費やリサイクル料の名目で費用を計上しながら、人目につかない空き地に放置したり、川底に沈めたりして、依頼者や地域に無断で捨てる法令違反を犯します。

業者が不要品をどう処理をしようが関係ない、と思うかもしれませんが、捨てられた遺品から個人情報が判明し、持ち主である故人の遺族が警察の取り調べを受けたりすることもあるので、決して関係のないことではありません。場合によっては加担を疑われて責任を問われてしまう可能性もあるのです。

優良業者は決して不法投棄をしたりすることはありません。不用品処分も依頼するなら、優良業者と契約してください。

プロの一言アドバイス

依頼人の事情によって「キャンセル」することもあります。
悪質業者はそんなとき、高額なキャンセル料を請求します。
悪質なケースでは、契約時に費用の一部を内金として前払いさせ、その返還に応じないという不誠実な対応をする事業者もあるようです。

悪質業者を見極めるポイント

上記のような悪質業者に特殊清掃を依頼しないように、優良業者であることを見極めるポイントをいくつか解説します。

重要な資格をきちんと保有している

1つ目のポイントは「重要な資格をきちんと保有している」ということです。

特殊清掃に関連する資格はいくつかありますが、中でもとくに重要なのは以下の2つの資格です。

これらの資格を有していない業者は悪質業者である可能性が疑われます。

一般廃棄物収集運搬業許可

1つ目の資格は「一般廃棄物収集運搬業許可」です。

簡単に言えば、家庭から出されるごみの多くを扱うことのできる資格となっています。

特殊清掃では家財の多くを処分する必要があるため、この資格を有している業者は家財処分も合わせて依頼でき、下請けに出さないので費用も抑えられる可能性が高いのです。

この資格は取得のハードルが非常に高く、役所の下請け的な意味をもっています。

似たような資格に「産業廃棄物収集運搬」というものがありますが、これは特殊清掃とは関係のない資格ですので、注意してください。

解体業許可

2つ目の資格は「解体業許可」です

特殊清掃になぜ解体業が関係するのかというと、これは特殊清掃の重要なポイントである「完全消臭」の作業にこの資格が深く関わっているからです。

完全消臭にはさまざまな工程があります。たとえば床の消臭なら床の解体を行うこといなるため、完全消臭には解体業許可が必要になるのです。

「解体業許可を有していなければ完全消臭ができない」というわけではありませんが、優良な特殊清掃業者を見分けるためには、解体業許可の有無も確認しておきましょう。

ホームページに料金が掲載されている

2つ目のポイントは「ホームページに料金が記載されている」ということです。

特殊清掃の費用は実際に現場を見ないと具体的には算出できないのですが、優良業者は目安となる料金表を掲載しています。

悪質業者はホームページをもっていても、目安となる料金を明示していないことが多いのです。

特殊清掃を依頼する際には、業者のホームページで料金に関する記載をチェックしてください。

相見積もりで比較する

3つ目のポイントは「相見積もりで比較する」ということです。

複数の業者から見積もりをもらうことを相見積もりといいます。相見積もりのメリットは、業者の見積もり金額や内容、そして業者の営業態度まで比較できるということです。

実は悪質業者と優良業者では、この3つのポイントで大きく差がつくのです。

たとえば悪質業者は見積もり書の項目が適当だったり、ひどい場合には「一式」として1行しか書いていないこともあります。また見積もりの内容について質問しても、まともな回答をしてくれないこともあります。

そもそも営業担当者の態度もいいかげんなことが多く、優良業者とは比べ物にならない低品質な接客をしているところが多いのです。

1社からしか見積もりをもらわないと、それが悪質業者であっても「こんなものか」と思ってしまって見抜けないかもしれません。そんなことにならないように、ぜひ複数の業者から見積もりをもらい、相見積もりで悪質業者を見抜きましょう。

プロの一言アドバイス

特殊清掃に関わる資格にはさまざまなものがありますが、必要不可欠なものばかりとは限りません。
中には、そもそも不要な資格を持っていることをアピールしている業者もあります。
悪質業者の場合は、観覧に取得できるような資格をいくつも取得し、それをホームページなどでアピールすることで、いかにも優良業者のように見せかけているところがあります。

特殊清掃の相見積もりの注意点

「相見積もりが重要」と書きましたが、特殊清掃の場合は、相見積もりの仕方にも注意が必要です。

相見積もりの業者数を増やすメリット・デメリット

見積もりは何社からもらっても問題はないのですが、見積もりを依頼する業者数を増やしすぎることにはメリットとデメリットがあります。

まずメリットは、見積もりの数が多いほど比較できるデータが多いので、相場を正確に把握できたり、安い業者を見つけられる可能性が高まったりすることです。相場を把握できれば、そこから外れた金額を提示する悪質業者を見抜くためにも役立ちます。

一方で、見積もりを依頼する業者が多すぎることのデメリットは、すべての見積もりが揃うまでに時間がかかってしまうということです。そもそも見積もりを出してもらうためには現場を見てもらう必要があります。複数の業者に入れ替わり立ち替わり現場を見てもらうためには、時間調整の手間もかかりますし、そんなことをしているうちに何日も経ってしまうかもしれません。

特殊清掃の相見積もりは2社が妥当

では、すべての見積もりが揃うまでに時間がかかることがなぜデメリットいなるのでしょうか。

その理由は、「現場の状態が悪化してしまう」からです。

孤独死など特殊清掃が必要な現場では、遺体の影響による悪臭やウイルスなどが大きなトラブルに発展する可能性があります。

現場を放置する期間が長期化するほど、悪臭やウイルスなどの状況は悪化していき、近隣に及ぼす迷惑も深刻なものになっていく可能性が高いのです。また、業者にとっては、状況が悪化することで作業内容が増えていき、見積金額が変動していくことになる原因になります。

もっとも、1社だけに見積もりを依頼すると、先ほど書いたように、悪質業者を見抜くことができなくなってしまいます。

そのため、特殊清掃の場合は見積もりを依頼する業者を2社程度に絞るのがおすすめです。

プロの一言アドバイス

最近では、ほとんどの業者が「見積もり無料」としていると思います。
しかし中には、契約までいたらない場合は見積もり書を発行した事務手数料を要求する、という業者もないわけではありません。
相見積もりで各社の見積もりを比較するということは、最終的な1社以外には見積もりだけ依頼して契約はしないということですので、見積もりが無料だということを確認してから見積もりを依頼するようにしてください。

【まとめ】悪質業者はデメリットだらけ、特殊清掃は優良業者に依頼しよう

特殊清掃を依頼する業者はポイントをしっかり押さえて選定しないと、さまざまなデメリットに見舞われてしまう可能性があります。

優良業者は確実に良い仕事をしてくれますので、相見積もりで各社の見積もりや営業の態度などをしっかり比較し、悪質業者を避けて契約してください。

特殊清掃や家財整理などのご要望がありましたら、茨城県内から関東を中心に47都道府県全国対応のSweepersまでご相談くださいませ!

お問い合わせはこちらから

その他のコラム
2022.9.18

賃貸物件に住んでいる身内が孤独死|そのとき親族が取るべき対応と原状回復の詳細

「超高齢化社会」、「核家族化の加速」など、現代社会とかつての日本社会は、家族のあるべき姿というものも多様化しています。 親世帯と子世帯が別々の地域に住むことも当たり前になっている昨今では、背景はそれだけではありませんが、 […]

疑問
2022.10.27

孤独死の片付け義務は誰にある? 遺品整理はどうすればいい?

もし親族が孤独死してしまったら、その部屋の片付けはどうすればいいでしょうか。また残された遺品はどのように整理すべきでしょうか。 本記事では、孤独死における遺品整理や遺品の片付けについて解説します。 目次1 孤独死の遺品整 […]

頭を抱えて悩む女性
2022.6.29

ゴミ屋敷に住む女性に知ってほしい問題点と解消法

いわゆる「ゴミ屋敷」に住んでいる人の割合は、女性の方が多いという調査結果があります。私たちSweepersでも、ゴミ屋敷の片付け依頼の半数以上が女性です。 ゴミ屋敷はテレビなどにも取り上げられ、良くないイメージしかありま […]

2022.9.28

孤独死の現場は業者に清掃してもらおう!

人によっては「孤独死」の現場を発見することがありますし、それが家族や親族であるケースもあるでしょう。どのようなケースにしても、孤独死の現場は事件性がなければ早めに清掃してしまう必要があるのです。 本記事では、孤独死の現場 […]

家とハテナマーク
2022.7.8

ゴミ屋敷の片付け費用を節約する方法

ゴミ屋敷を片付けるには、それなりの費用がかかります。費用をかけたくないからと自分ひとりで片付けようとする人もいますが、やはりプロの業者に依頼した方が圧倒的に素早く片付けられます。実際にゴミ屋敷の片付けを業者に依頼すると、 […]

ステップ
2022.9.28

孤独死の処理の流れ〜発見から特殊清掃、遺品整理まで

誰にも看取られずに亡くなってしまう「孤独死」は、昨今希有なものではなくなっています。孤独死が発見されたらどのように処理されるか、その流れを知っておくと、いざというときに的確な行動をとることができます。 本記事では、孤独死 […]

特殊清掃会社スイーパーズの施工事例

CASE

施工事例

私たちスイーパーズは特殊清掃の現場だけではなく、
そこで培った技術を応用することで、
日本全国の様々な現場で活躍しています。

2022.11.16

ペットの特殊清掃作業

飼い主様が孤独死してしまった場合、多くの場合でペットも亡くなってしまいます。                         警察がご遺体の回収を行うのは当たり前ですが人のみです。                     […]

ご遺品整理特殊清掃犬・猫屋敷清掃
2022.9.19

ガスの点検!至急部屋を片付けてほしい!

目次1 ご依頼経緯2 作業前の状況3 作業中の様子4 ご依頼詳細 ご依頼経緯 夜間にLINEにてお問い合わせいただいたのは作業までお急ぎのお部屋のお片付け案件でした。                賃貸中の物件でガスの点 […]

ゴミ屋敷清掃
2022.7.19

大型犬多頭飼育崩壊現場のペット屋敷清掃作業

ご依頼経緯 最近ではテレビでも報道される機会が多くなったペットの多頭飼育崩壊現場。猫による多頭飼育が圧倒的に多いですが今回は犬による現場です。弟様が相続したご実家が大型犬の多頭飼育崩壊となってしまいごみ屋敷化してしまって […]

ご遺品整理ゴミ屋敷清掃家財整理犬・猫屋敷清掃
2022.7.19

猫多頭飼育中の飼い主の入院による飼育崩壊現場

ご依頼経緯 今回は弁護士事務所様からのご依頼です。ご高齢の男性が一人暮らしをされていた一軒家にて20匹以上の猫を飼育していたそうです。室内は元から荒れていたとのこと。男性は持病が悪化してしまい長期入院から施設への入居が決 […]

ゴミ屋敷清掃犬・猫屋敷清掃
一軒家の室内
2022.7.8

茨城県小美玉市にてお父様のご遺品整理作業

地元の不動産会社様からのご紹介で、ご遺品整理をさせていただきました。 今回の現場は事前に娘さんが必要なものを持ち帰ってくれていたので残った家財道具の撤去と賃貸物件返却のための清掃作業です。その他、ガレージの撤去と物置の解 […]

家財整理
2022.7.8

一人暮らしの娘の家がごみ屋敷になっていた!田舎のお母様からのご依頼です。

ご依頼者様は福島県にお住いのお母様。                                              茨城に就職で引っ越した娘さんの部屋に行ったところ、室内がごみ屋敷になっていてびっくりされたそ […]

ゴミ屋敷清掃

特殊清掃

事例を見る>

ウイルス除菌消毒

事例を見る>

ゴミ屋敷清掃

事例を見る>

家財整理

事例を見る>

犬・猫屋敷清掃

事例を見る>

特殊清掃会社スイーパーズのお客様の声

VOICE

お客様の声

ご依頼いただいたお客様から様々なお声をいただいております。

お客様の声が私たちの励みとなっています。

お客様の声
不動産会社ともめることなく退去手続きができました。

茨城県かすみがうら市 | 園部様 | 特殊清掃・遺品整理・リフォーム

身内が孤独死し死後3週間で発見されました。
真夏ということもあり腐敗が進み不動産会社からは損害賠償とまで言われてしまい途方に暮れながら御社にご連絡をさせていただきました。
死を悲しむ余裕もなくかかる費用に不安でしたが、不動産会社とのやり取りから原状回復のリフォームや車の買い取りまで全て私の代わりに行ってくれ心強かったです。
ハエや臭いの問題も全て解決し、損害賠償とまで言われていた不動産会社とももめることなく退去手続きができました。
葬儀の後、一緒に遺品整理を行ってくれ私自身が前向きに死を受け止められることができました。
これからも私のような方の為に頑張ってください。応援しております!

お客様の声
その日のうちに綺麗に清掃していただけました。

茨城県つくば市 | 北沢様 | 特殊清掃

父の自殺に自分で室内の清掃を行おうと思いましたが大量の血液に悲しさが込み上げスイーパーズさんにお電話いたしました。
早朝にもかかわらず、パニックになっている私に丁寧にアドバイスしていただけその日のうちに綺麗に清掃していただけました。
今回は血液の清掃のみの依頼でしたが、父の写真探しも嫌な顔せず手伝ってくれ父の思い出話を聞いてくれたことで悲しい思い出から父の笑った顔が浮かぶようになりました。
自殺という死に方だったので誰にも話すことができない中親身に話を聞いてくれてありがとうございました。
これからもお仕事頑張ってください。

お客様の声
お見積り時にそのまま作業開始

茨城県利根町 | H・K様 | ゴミ屋敷清掃

会社の社宅として借りていた賃貸住宅をゴミ屋敷にしてしまい、3日以内に片付けなければいけないという状況で連絡しました。
即日対応と言いながらも即日対応はしてくれない業者ばかりの中、お見積り時にそのまま作業開始してくれたスイーパーズさんには大変感謝しております。
部屋が綺麗になり、ごみを捨てるようになり人として当たり前の生活ができるようになりました。ありがとうございました。

お客様の声
経営者として心強い限りです。

東京都港区 | 橘様 | 新型コロナウイルス消毒作業

弊社従業員に新型コロナ感染者が出てしまいご依頼することとなりました。
全国展開している会社の為全国対応・料金一律さらに陽性判定後即日対応していただけるので、休業せずに済むことは経営者として心強い限りです。
何度かご依頼させていただいておりますが、PCR検査結果が陰性だった場合は料金がかからずこちらが心配してしまうほどの対応のよさです。
感染リスクのあるなか、真摯に対応してくださいありがとうございます。お身体ご自愛ください。

お客様の声
床の臭いが完全に取れてさすがの職人技でした!

茨城県取手市 | 平塚様 | ペット屋敷清掃・ゴミ屋敷清掃

相続の兼ね合いで戸建て住宅の清掃をお願いしました。
猫が21匹ほど亡くなった状態のゴミ屋敷で臭いもかなりきつい状況でした。
それでも嫌な顔をせず分別や仕分けをしてくれさらには私たちが取り置きをしやすいようにお気遣いまでしてくれありがとうございます。
亡くなってしまった猫は通常可燃ごみらしいのですが、かわいそうだからと一緒に埋葬してくれたのできっと猫も喜んでいると思います。
床のコーティングは臭いが完全に取れてさすがの職人技でした!
急な依頼にもかかわらず対応していただきありがとうございました。

お客様の声
床上浸水で小さな子供もいるためお願いしました。

茨城県常陸大宮市 | 桜井様 | 水災害復旧作業

台風19号による床上浸水で小さな子供もいるためお願いしました。
床下点検口から中に入って床下の状況をテレビ電話を使って見せてくれました。
他の業者さんは消毒剤を床下点検口から撒くだけでしたが、それでは意味がない理由もしっかりお伝えいただけ安心してお任せしました。
カビ取りや防カビもしかっり行っていただけ、子育てするうえで心配だったことも解決できました。
水災害時にすぐ対応していただけたこと、とてもありがたかったです。お世話になりました。

特殊清掃会社スイーパーズのよくある質問

FAQ

よくある質問

弊社サイトをご覧いただいた中で新たに生じた疑問や質問など、

丁寧にわかりやすくお答えいたします。
お気軽にスイーパーズまでご連絡ください。

Q

お見積りは無料ですか?

お見積りは完全無料となっております。
お電話・メールでの無料相談も行っておりますのでお気軽にご相談ください。

お問い合わせ →
Q

見積もり時に立会は必要ですか?

事前にお客様から鍵を郵送やキーボックスなどでお預かりできれば、お見積もり時にお立会いいただかなくても問題ございません。
お見積りご依頼時にお立会い不可とお伝えください。

Q

お見積り金額から増える事はありますか?

御見積金額からの追加請求はございません。
「お見積金額 = ご請求金額」となっておりますのでご安心ください。
お見積りに含まれていない作業をする場合は、都度お客様に確認をとらせていただきます。
また、お客様から追加作業のご依頼がある場合は、改めてお見積りさせていただきます。
許可なく勝手に作業を行い追加請求することはございません。

Q

キャンセルは可能ですか?

作業の前日までにご連絡いただければキャンセル可能です。
※作業当日のキャンセルにつきましてはキャンセル料がかかってしまう場合もございますのでご注意ください。

Q

見積もりや作業の日程を後日、変更できますか?

日程の変更につきましては2日前までにご連絡をいただいております。
日時の変更による手数料は発生しませんのでご安心ください。

Q

土・日・祝や、夜間のお見積りは可能ですか?

スイーパーズは24時間365日対応です。
お客様のご都合のいい時間帯にお見積もりさせていただきます。

Q

電話やメールで目安の費用を教えてもらえますか?

お電話で状況確認をさせていただき概算のお見積金額をお伝えすることは可能です。
正確なお見積金額に関しては、現地にて広さや搬出ルートまた物量等を確認させていただいたうえで出させていただきます。

Q

料金の支払い方法を教えてください。

現金払い・お振込み・カード決済からお支払い方法をお選びいただけます。
銀行ローンも対応しておりますのでご相談ください。

特殊清掃会社スイーパーズのコラム

COLUMNS

コラム

お客様に有益な情報を定期的に発信しています。

サービスをご利用の際の参考にしていただければと思います。

水害復旧についての作業内容をご説明
2022.11.16

台風による床下浸水は清掃業者に依頼するべき?自分でできる対処法も含め解説

一年を通して四季がはっきり分かれている日本の気候は、季節毎にさまざまな顔を持ち合わせています。 気候の変化を楽しむことはある種の風情でもありますが、梅雨時期や台風シーズンは、場所によって危険と隣り合わせと痛感する場面もあ […]

水災害復旧
疑問
2022.10.27

孤独死の片付け義務は誰にある? 遺品整理はどうすればいい?

もし親族が孤独死してしまったら、その部屋の片付けはどうすればいいでしょうか。また残された遺品はどのように整理すべきでしょうか。 本記事では、孤独死における遺品整理や遺品の片付けについて解説します。 目次1 孤独死の遺品整 […]

家財整理特殊清掃
指を指して注意する男性
2022.10.26

特殊清掃の業者の選び方、悪質業者を避ける方法

孤独死などの事後処理は「特殊清掃」の専門業者に依頼するのが一般的です。 しかしながら、この業界にも「悪質業者(悪徳業者)」が存在していますので、そのような業者に依頼しないように注意を払わなければなりません。 本記事では、 […]

特殊清掃
2022.10.26

生活保護受給者が死亡したら家財処分はどうなる?

生活保護受給者が死亡し、故人の親族がその事後処理をしなければならないというケースは昨今珍しくありません。 もしそんな立場になったら、誰でもわからないことだらけで混乱してしまうと思います。 本記事では、生活保護受給者が死亡 […]

家財整理特殊清掃
2022.9.28

孤独死の現場は業者に清掃してもらおう!

人によっては「孤独死」の現場を発見することがありますし、それが家族や親族であるケースもあるでしょう。どのようなケースにしても、孤独死の現場は事件性がなければ早めに清掃してしまう必要があるのです。 本記事では、孤独死の現場 […]

特殊清掃
ステップ
2022.9.28

孤独死の処理の流れ〜発見から特殊清掃、遺品整理まで

誰にも看取られずに亡くなってしまう「孤独死」は、昨今希有なものではなくなっています。孤独死が発見されたらどのように処理されるか、その流れを知っておくと、いざというときに的確な行動をとることができます。 本記事では、孤独死 […]

家財整理特殊清掃

特殊清掃

コラムを見る>

ウイルス除菌消毒

コラムを見る>

ゴミ屋敷清掃

コラムを見る>

家財整理

コラムを見る>

犬・猫屋敷清掃

コラムを見る>

特殊清掃会社スイーパーズの対応エリア

AREA

対応エリア

今この瞬間もスイーパーズを必要とされる方が
全国各地に大勢いらっしゃいます。

日本特殊清掃隊の加盟事業者と連携を取ることで、
全国各地で高水準のサービスをご提供することが可能です。

日本地図

お電話でお問い合わせの方

ご質問・ご相談・お見積もり・お仕事のご依頼など
スイーパーズまでお気軽にご連絡ください。

特殊清掃・遺品整理・災害復旧のスイーパーズ

特殊清掃・遺品整理・生前整理
ゴミ屋敷清掃・空き家整理・犬、猫屋敷清掃
水災害復旧・火災現場清掃・ウイルス除菌消毒

年中無休 24時間受付

FAX. 0299-59-7016

〒315-0052
茨城県かすみがうら市下稲吉1598-8

メールでお問い合わせの方

必要事項をご記入の上、確認ボタンを押してください。
改めて当社スタッフがご連絡いたします。

必須

任意

必須

任意

必須 特殊清掃 ウイルス除菌消毒
遺品整理・生前整理・空家整理
ゴミ屋敷清掃 犬・猫屋敷清掃
水災害復旧 火災現場清掃
ご相談・お見積もり その他
メディア取材について

必須