24時間365日対応!まずは無料相談
0800-808-8855
LINE 無料相談
コラム

孤独死の片付け義務は誰にある? 遺品整理はどうすればいい?

家財整理特殊清掃
2022.10.27 2022.10.31

もし親族が孤独死してしまったら、その部屋の片付けはどうすればいいでしょうか。
また残された遺品はどのように整理すべきでしょうか。

本記事では、孤独死における遺品整理や遺品の片付けについて解説します。

孤独死の遺品整理・片付けの義務は誰にある?

そもそも、孤独死の現場を片付けしたり、遺品整理を行ったりする「義務」は、誰にあるのでしょうか。

孤独死の遺品整理は「相続人」に義務がある

一般的には、孤独死により亡くなった方に最も近しかったり、親しい間柄だった親族の方が、遺品整理などの片づけをすることが多いようです。

ただし、法的な観点で考えると、孤独死の現場を片付ける義務があるのは「相続人」ということになります。

なぜなら、孤独死した故人の遺品を片付けることは、故人の所有財産を相続したり、処分することになるからです。
相続人としては、相続を行うために孤独死の現場を片付けなければならないのです。

「遺言の相続人」と「法定相続人」について

相続人には、大きく分けて「遺言の相続人」と「法定相続人」の2種類があります。

遺言の相続人

故人が公式の形で「遺言」を残していた場合、その遺言で指定されている人が相続人です。

遺言で指定できる相続人は、親族など血縁的に近しい人でなえればならないということはありません。
ただしその場合でも、次項で説明する法定相続人には「遺留分減殺請求」の権利があるため、100%その遺言のとおりに故人の財産を相続できるとは限りません。

仮に遺言で相続人として指定されていても、もし遺言の内容に異議があり、相続人としての指定をなかったことにしたい場合には、「相続放棄」の手続きを行えば、相続権を失う代わり、遺品を整理しなければならないという義務もなくなります。

法定相続人

法定相続人とは、民法により定められた、相続権を持つ人です。

法定相続人は、基本的に以下の優先順で決定されます。

  1. 配偶者+子どもまたは孫など直系卑属
  2. 配偶者+親または祖父母など直系尊属
  3. 配偶者+兄弟(姉妹)

たとえば故人に配偶者がおり、子ども(直系卑属)がまったくいなければ、2番目に繰り上がって配偶者と個人の両親や祖父母(直系尊属)が法定相続人となります。

配偶者は常に法定相続人です。

誰が法定相続人になるかによって、法定相続分の割合は変わります。

遺言で相続人を指定できるのと同じように、「相続放棄」をすれば、遺品整理の義務はなくなります。
しかし、孤独死という特殊なケースでは悪臭などの問題がありますので、その場合でも例外的に特殊清掃の手配のような片付けの責任が発生することもあります。

遺品整理だけを「相続放棄」できない

「故人の財産は相続したい、けれども遺品整理や孤独死の片づけは放棄したい」

そういう希望をもつ人もいるかもしれませんが、基本的にはそれはできません。

故人の遺品整理を行うということは「故人の相続財産を処分する」という意思決定を行うということになるからです。

民法では、「遺産を相続する意思がある」と認められる行動をとった場合には、特殊な事情(詐欺や脅迫など)がない限り、もはや相続放棄はできないと定められています。

つまり、もし孤独死の現場を片付けて遺品整理・不用品の処分をしてしまったら、仮に故人に借金などマイナスの遺産があったとしても、相続放棄できない可能性があるということになります。

孤独死というケースにおいては、法定相続人になる方と疎遠であった可能性が高いでしょう。
そのため生前の財産状況を正確に把握していないことも多いと思います。
ですから、孤独死の当事者の相続人になる場合は、遺品整理を行う前に財産状況をきちんと確認することを忘れないようにしてください。

プロの一言アドバイス

処分できないといっても、金銭的に価値のないもの(ゴミなど)は、処分しても問題ありません。
相続放棄したとしても、次の相続人が管理を開始できるようになるまでは、その相続者に遺品の管理責任があります。
その場合は「相続財産管理人」を指定することで管理義務を回避できます。

孤独死の遺品の片付けと処理

一軒家の室内

ほとんどの遺品は処分されていることをご存じでしょうか。
孤独死の現場の現実を知れば、その理由がわかります。

遺品の8割は処分されている

一般的な孤独死においては、実は8割ほどの故人の遺品が相続人に相続されず、そのまま処分されています。

金銭的に価値のあるものは相続されることもありますが、金銭的に価値のないもの、大きなものなど、相続に手間がかかるようなものは、ほとんど処分されているということです。

「遺品を8割も捨てるなんて」と思われるかもしれませんが、そこには「孤独死という現場の特殊性」が大きく関わっています。

孤独死の遺品の特徴

孤独死の現場における遺品は、悪臭や細菌などが大量に付着しているため危険です。

孤独死した故人の多くは、近所づきあいや親戚づきあいから離れていますので、亡くなってから遺体が発見されるまでに相当な時間が経過しています。

遺体が発見されるまでに死後何日ぐらい経過しているかというと、平均2~3週間ほどです。中には死後数か月が経過してからようやく発見されるケースもあります。

それほど時間が経過すると、当然のことながら、遺体は腐敗してしまいます。

腐敗した遺体からは死臭が発生し、それが部屋中の物品に染みついていきます。

また、腐敗した遺体からは大量の細菌・ウイルスが発生し、これも部屋中に拡散して遺品に付着してしまうのです。

つまり、孤独死の現場から発見された遺品を引き取るには、染みついた悪臭や細菌をどうにかしなければなりません。その難しさや手間を考えると、重要性が低い家具や衣類、雑貨類などは引き取らず、そのまま処分してしまうことになるわけです。

孤独死の遺品整理は簡単なことではない

あなたが相続人や近しい親族の立場になって、孤独死の現場を片付けなければならなくなったとしましょう。

故人が賃貸物件に住んでいた場合は、賃貸借契約を解除するために現場を「原状回復」しなければなりません。これは素人が行おうと思ってもなかなか簡単なことではありません。

「ただ部屋を片付けるだけ」ではありません。

生前健康だった方の部屋を片付けるのと、孤独死の現場を片付けるのには大きな違いがあるのです。

詳しくは次項で解説しますが、孤独死の現場を片付ける責任が生じた場合には、「特殊清掃」を請け負っている、信頼できる業者に依頼するのが一番です。

プロの一言アドバイス

孤独死の現場が故人の持ち家だった場合も、放置された遺体による影響は近隣に波及していきます。
賃貸であっても持ち家であっても、孤独死の現場は早めに片付けを済ませる必要があります。

孤独死の遺品整理・片付けは業者に任せるべき理由

ゴミを片付ける男性スタッフ

孤独死の現場は特殊清掃の業者に任せるべきですが、業者にかかる費用を心配する人もいると思います。

しかし、孤独死の現場の片づけは自力で行うことが難しく、料金を払ってでもプロである業者に任せた方が安全です。

腐敗臭の影響

孤独死の現場における片付けで最も苦労するのは、「腐敗臭との戦い」です。

死後、長く放置されてしまった孤独死の現場には、部屋中の物品だけでなく壁や床にも遺体から放たれた死臭がこびりついています。

つまり、孤独死の現場の片付けという作業は、「腐敗臭が充満している空間の中で重労働をしなければならない」のです。

特に気温の高い夏場では、悪臭対策でいくらマスクを装着しても臭いからは逃れられませんし、息苦しくて熱中症で倒れてしまうかもしれません。

そういうことを考えると、悪臭対策の技術とノウハウをもった特殊清掃業者に片付けを依頼したほうが無難です。

孤独死の清掃の難しさ

孤独死の現場を現状回復するためには、「殺菌作業」と「消臭作業」の技術が必要です。

賃貸住宅では、孤独死の影響が残ったままでは物件を引き渡せず、そのままではいつまでも賃貸借契約を解除できないことになりません。

「除菌スプレーや消臭剤があれば何とかなるのでは?」と思うのは、甘いです。

ホームセンターなどで売っているような家庭用の除菌・消臭グッズでは、孤独死の現場に残る細菌やウイルス、悪臭の影響をゼロにすることはできないからです。

悪臭や細菌の他にも、腐敗した遺体の体液が畳にこびりついていたり、大量のゴミに埋もれたゴミ屋敷と化している現場では、素人が何日かかっても作業は進まないでしょう。

その間にも悪臭などの影響は近隣に波及し、いずれはクレームに発展します。近所づきあいにも悪影響を及ぼすでしょう。

このように難しい孤独死の現場は、特殊清掃のノウハウが蓄積しているプロの業者に任せるのが一番です。迅速かつ高品質な仕事をこなして、しっかりと原状回復してくれるでしょう。

特殊清掃と遺品整理はセットで頼む方が安い

遺品整理は、それを専門に行う業者も存在します。ですから、「特殊清掃はA社に、遺品整理はB社に」と別々の業者に依頼することも不可能ではありません。

しかし特殊清掃を業者に依頼するなら、「遺品整理」も同じ業者に依頼するのがおすすめです。

孤独死の現場には特殊清掃が欠かせませんが、遺族がいるなら、遺品整理も清掃しながら行うことになります。

特殊清掃と遺品整理を別の業者に頼んでしまうと、特殊清掃中に清掃作業員の手を止めて、別の業者が遺品整理を行うことになります。手を休めている間も特殊清掃の作業員の稼働時間として人件費がかかってしまうため、効率的ではありません。

特殊清掃と遺品整理を同じ業者が行う場合には互いの作業スケジュールを調整しますので、別々の業者に依頼するとかかるような人件費がかからないのです。

業者に片付けを依頼する際の流れ

見積書

孤独死の片づけノウハウのある特殊清掃業者には、どのような流れで作業を依頼すればいいのでしょうか。

業者への連絡と見積もり

業者に特殊清掃を依頼は、まず「見積もりを依頼する」というところから始まります。

業者見積もりというと、複数の業者からの見積もりを比較する「相見積もり」を行うことが多いのですが、孤独死の特殊清掃という仕事の場合は、相見積もりはおすすめできません。

というのも、相見積もりをとると、3~4社の業者が順番に現地を見に来て見積もりを出すという流れになりますので、それで依頼する業者を決め、いざ清掃開始を行うまでにかなり時間がかかってしまうことになるからです。

その間にも孤独死の現場はどんどん状態が悪化していきます。作業を開始する時点で状態が悪くなっていたら、見積もりを出したときの条件も変わってしまうことになります(つまりどんどん費用が高くなっていきます)。

もっとも、特殊清掃の業者と日頃の付き合いのある人はいないでしょうから、どんな業者から見積もりをとればいいのかと悩んでしまうかもしれません。

1社からしか見積もりをとらないと悪徳業者や腕の悪い業者に当たってしまう可能性もありますので、基本的には電話相談し、2社程度から見積もりをとるのがいいでしょう。

あまり悠長に構えずに、最適なスピードで見積もりの依頼を済ませてください。

特殊清掃に実施

見積もりの内容に合意し、契約が完了したら、作業予定日を決め、特殊清掃の開始になります。

特殊清掃の作業は数時間で終わることもありますが、部屋の汚染具合や部屋数などによっては数日間かかることもあります。

賃貸物件で、大家さんから「完全な状態での原状回復」を求められているような場合は、作業量もかなり多くなります。部屋数によっては何人もの作業員を投入し、特殊な器具を用いて孤独死の痕跡を解消していきます。

遺品整理と不用品の処分

遺品整理は、特殊清掃の作業途中で実施することもありますが、清掃作業終了後に行われることもあります。

業者が「貴重品」と「不用(と思われる)品」に分類してくれますので、そこから何を残すかを相談しながら整理作業を進めます。

買い取りも行っている業者であれば、価値のあるのものをそのまま買い取ってもらい、作業費用から差し引きしてもらうこともできるでしょう。

残った不用品は、その特注業者か、下請けの不用品処理業者が処分してくれます。

すべての作業が終了したら、料金を支払って特殊清掃は完了です。

プロの一言アドバイス

もし業者の作業に満足できたら、ネットの口コミサイトなどに良かった点を投稿してあげてください。
そうした口コミは、特殊清掃業者という耳慣れない業者を探している人にとって、有力な手がかりになることもあるからです。

孤独死があった際の遺品整理・片付けの注意点

ポイント

最後に、孤独死があった際の遺品整理や部屋の片づけで注意すべき点を解説します。

清掃前に部屋に入らない

孤独死の現場を発見してすぐに部屋に入るのは、絶対に避けてください。

その時点では故人の死に事件性がある可能性もあるからです。

まずは110番に連絡して警察に来てもらい、現場を確認してもらってください。

警察が求めてきたために部屋に入ることもあるかもしれませんが、そのようなことがない場合は、警察が現場検証を済ませるまで部屋に入るのはNGです。

警察が現場から撤退した後も、よほどの事情がない限り、その部屋に入ることは避けた方が良いでしょう。

なぜなら、前述のとおり孤独死の現場には死臭や細菌などが漂っており、部屋に入るだけで体調を崩してしまったり、何らかの病気を発症したりする可能性があるからです。精神的にも、決しておすすめできる状況ではありません。

特殊清掃業者が作業を完了して、部屋をしっかりと片付けてもらうまでは、孤独死の現場には足を踏み入れないようにしましょう。

部屋に入る際にはマスクと手袋を装着する

もし孤独死の現場に立ち入る場合は、どのタイミングでも「マスク」と「手袋」を必ず装着してください。

孤独死の現場に残された遺品には、大量の腐敗体液や雑菌が付着しています。

手に雑菌や汚れが付着するのを防ぐために手袋をはめることが必要です。また、腐敗臭や雑菌を吸い込まないようにマスクも着用しましょう。

仮に、特殊清掃の作業が完了した後でもリスクはゼロではありませんので、必ずマスク・手袋を着用して状態で部屋に入ることをおすすめします。

勝手に窓を開けない

孤独死の現場の部屋に入ると、あまりの腐敗臭に、思わず窓を開けてしまいたくなるかもしれません。

しかし、業者の許可なく勝手に窓を開けたりすることはNGです。

なぜなら、窓を開けてしまうと近隣に強い腐敗臭を流してしまうことになるからです。

近隣から、「腐敗臭が洗濯物について取れない」といったクレームが来たり、場合によっては損害賠償を求められたりするケースも珍しくありません。

また、お風呂場で孤独死しているケースでも、水を流したりするのはNGです。

もし遺体が搬出されて現場に残っていない場合でも、浴槽の中には腐った皮膚や髪の毛、ひょっとしたら骨が残っていることがあるからです。

その状態で水を流してしまうと、排水溝が詰まったり、水路に遺体の一部を流してしまうことになるのです。

これらのことを忘れないようにして、特殊清掃業者の許可なく勝手に窓を開けたりお風呂を流したりしないよう注意してください。

遺品は可能な限りきれいな状態で残す

遺品整理をするときは、なるべく「きれいなもの」だけを選んで遺品として残しましょう。

孤独死で死後何日も経過しているような場合、現場には細菌が大量に舞っています。

遺品にも危険な細菌が付着している可能性があるので、なるべくきれいな状態で遺品を残す必要があります。

遺品は、場合によっては、形見分けとして別の方に遺品を譲渡することになるかもしれません。そんな場合、後々の余計なトラブルに発展させないように、汚染された状態で遺品を残すことは十分に注意する必要があります。

除菌スプレーを使うなどして細菌を取り払っておくだけでなく、残したい遺品については業者に「残しても大丈夫か?」と必ず確認してください。

遺品の状態を業者に判断してもらい、残すのが難しい場合は、残念ですが、処分することもやむを得ないでしょう。

プロの一言アドバイス

わからないことは、遠慮せずに業者に確認してください。
特に見積もりの段階では、ほとんどの方にとってはわからないばかりのはずです。
不明な点をそのままにして契約することはないようにしてください。
もちろん作業中でも、気になったことがあれば遠慮なく質問してください。後悔のない特殊清掃を行ってもらいましょう。

【まとめ】遺品整理や片付けは簡単ではない、孤独死の片付けは業者に依頼しよう

孤独死現場の片付けは、素人が行えるような簡単なものではありません。もしできたといしても、後々さまざまなトラブルを引き起こす可能性が高いです。

トラブルなく孤独死現場の片づけを済ませるには、プロフェッショナルである特殊清掃業者を見つけて、特殊清掃と遺品整理を依頼しましょう。

見積もりのことで不明な点があれば遠慮なく確認し、悔いの残らないように遺品整理・片付けを済ませてください。

特殊清掃や家財整理などのご要望がありましたら、茨城県内から関東を中心に47都道府県全国対応のSweepersまでご相談くださいませ!

お問い合わせはこちらから

その他のコラム
ゴミ屋敷を片付ける女性
2022.7.7

どこからがゴミ屋敷?どうしたら片付けられる?

「ゴミ屋敷」は、家族や近隣住民にとって迷惑以外の何ものでもありません。早々に対策する必要性があります。当然ながら自分の家がゴミ屋敷にならないように注意することも必要ですが、ゴミ屋敷になってしまうのには、それなりの理由があ […]

2022.9.18

賃貸物件に住んでいる身内が孤独死|そのとき親族が取るべき対応と原状回復の詳細

「超高齢化社会」、「核家族化の加速」など、現代社会とかつての日本社会は、家族のあるべき姿というものも多様化しています。 親世帯と子世帯が別々の地域に住むことも当たり前になっている昨今では、背景はそれだけではありませんが、 […]

2022.9.19

実家のゴミ屋敷を解消したい! 片付けのポイントと親の説得のコツとは

「久々に帰省したら実家がゴミ屋敷に!」「実家の片付けに親が大反対…」 ここ数年はコロナの影響もあり、実家に帰る回数が減ったという人が多くなってきています。それに伴って、このような声を聞く機会が多くなってきました。 実家の […]

水害復旧作業をする女性
2022.7.8

水害消毒業者とは何をしてくれる業者?

日本は昔から台風の被害に悩まされてきました。近年、台風や台風による大雨が大きな水害を引き起こす例が増えています。そのような水害が起こったときに消毒を行い、被災者の被害を軽減する専門業者が「水害消毒業者」です。この記事では […]

家とハテナマーク
2022.7.8

ゴミ屋敷の片付け費用を節約する方法

ゴミ屋敷を片付けるには、それなりの費用がかかります。費用をかけたくないからと自分ひとりで片付けようとする人もいますが、やはりプロの業者に依頼した方が圧倒的に素早く片付けられます。実際にゴミ屋敷の片付けを業者に依頼すると、 […]

ゴミ屋敷
2022.7.7

ゴミ屋敷の片付けで挫折しないために

「ゴミ屋敷」と聞いて、普通の人はどんな部屋を思い浮かべるでしょうか。 足の踏み場がなく、あちこちにゴミが散乱していて、悪臭を放っている部屋…一般的なイメージは、そんなところでしょう。 自分の家がそんなことになってしまった […]

特殊清掃会社スイーパーズの施工事例

CASE

施工事例

私たちスイーパーズは特殊清掃の現場だけではなく、
そこで培った技術を応用することで、
日本全国の様々な現場で活躍しています。

2022.11.16

ペットの特殊清掃作業

飼い主様が孤独死してしまった場合、多くの場合でペットも亡くなってしまいます。                         警察がご遺体の回収を行うのは当たり前ですが人のみです。                     […]

ご遺品整理特殊清掃犬・猫屋敷清掃
2022.9.19

ガスの点検!至急部屋を片付けてほしい!

目次1 ご依頼経緯2 作業前の状況3 作業中の様子4 ご依頼詳細 ご依頼経緯 夜間にLINEにてお問い合わせいただいたのは作業までお急ぎのお部屋のお片付け案件でした。                賃貸中の物件でガスの点 […]

ゴミ屋敷清掃
2022.7.19

大型犬多頭飼育崩壊現場のペット屋敷清掃作業

ご依頼経緯 最近ではテレビでも報道される機会が多くなったペットの多頭飼育崩壊現場。猫による多頭飼育が圧倒的に多いですが今回は犬による現場です。弟様が相続したご実家が大型犬の多頭飼育崩壊となってしまいごみ屋敷化してしまって […]

ご遺品整理ゴミ屋敷清掃家財整理犬・猫屋敷清掃
2022.7.19

猫多頭飼育中の飼い主の入院による飼育崩壊現場

ご依頼経緯 今回は弁護士事務所様からのご依頼です。ご高齢の男性が一人暮らしをされていた一軒家にて20匹以上の猫を飼育していたそうです。室内は元から荒れていたとのこと。男性は持病が悪化してしまい長期入院から施設への入居が決 […]

ゴミ屋敷清掃犬・猫屋敷清掃
一軒家の室内
2022.7.8

茨城県小美玉市にてお父様のご遺品整理作業

地元の不動産会社様からのご紹介で、ご遺品整理をさせていただきました。 今回の現場は事前に娘さんが必要なものを持ち帰ってくれていたので残った家財道具の撤去と賃貸物件返却のための清掃作業です。その他、ガレージの撤去と物置の解 […]

家財整理
2022.7.8

一人暮らしの娘の家がごみ屋敷になっていた!田舎のお母様からのご依頼です。

ご依頼者様は福島県にお住いのお母様。                                              茨城に就職で引っ越した娘さんの部屋に行ったところ、室内がごみ屋敷になっていてびっくりされたそ […]

ゴミ屋敷清掃

特殊清掃

事例を見る>

ウイルス除菌消毒

事例を見る>

ゴミ屋敷清掃

事例を見る>

家財整理

事例を見る>

犬・猫屋敷清掃

事例を見る>

特殊清掃会社スイーパーズのお客様の声

VOICE

お客様の声

ご依頼いただいたお客様から様々なお声をいただいております。

お客様の声が私たちの励みとなっています。

お客様の声
不動産会社ともめることなく退去手続きができました。

茨城県かすみがうら市 | 園部様 | 特殊清掃・遺品整理・リフォーム

身内が孤独死し死後3週間で発見されました。
真夏ということもあり腐敗が進み不動産会社からは損害賠償とまで言われてしまい途方に暮れながら御社にご連絡をさせていただきました。
死を悲しむ余裕もなくかかる費用に不安でしたが、不動産会社とのやり取りから原状回復のリフォームや車の買い取りまで全て私の代わりに行ってくれ心強かったです。
ハエや臭いの問題も全て解決し、損害賠償とまで言われていた不動産会社とももめることなく退去手続きができました。
葬儀の後、一緒に遺品整理を行ってくれ私自身が前向きに死を受け止められることができました。
これからも私のような方の為に頑張ってください。応援しております!

お客様の声
その日のうちに綺麗に清掃していただけました。

茨城県つくば市 | 北沢様 | 特殊清掃

父の自殺に自分で室内の清掃を行おうと思いましたが大量の血液に悲しさが込み上げスイーパーズさんにお電話いたしました。
早朝にもかかわらず、パニックになっている私に丁寧にアドバイスしていただけその日のうちに綺麗に清掃していただけました。
今回は血液の清掃のみの依頼でしたが、父の写真探しも嫌な顔せず手伝ってくれ父の思い出話を聞いてくれたことで悲しい思い出から父の笑った顔が浮かぶようになりました。
自殺という死に方だったので誰にも話すことができない中親身に話を聞いてくれてありがとうございました。
これからもお仕事頑張ってください。

お客様の声
お見積り時にそのまま作業開始

茨城県利根町 | H・K様 | ゴミ屋敷清掃

会社の社宅として借りていた賃貸住宅をゴミ屋敷にしてしまい、3日以内に片付けなければいけないという状況で連絡しました。
即日対応と言いながらも即日対応はしてくれない業者ばかりの中、お見積り時にそのまま作業開始してくれたスイーパーズさんには大変感謝しております。
部屋が綺麗になり、ごみを捨てるようになり人として当たり前の生活ができるようになりました。ありがとうございました。

お客様の声
経営者として心強い限りです。

東京都港区 | 橘様 | 新型コロナウイルス消毒作業

弊社従業員に新型コロナ感染者が出てしまいご依頼することとなりました。
全国展開している会社の為全国対応・料金一律さらに陽性判定後即日対応していただけるので、休業せずに済むことは経営者として心強い限りです。
何度かご依頼させていただいておりますが、PCR検査結果が陰性だった場合は料金がかからずこちらが心配してしまうほどの対応のよさです。
感染リスクのあるなか、真摯に対応してくださいありがとうございます。お身体ご自愛ください。

お客様の声
床の臭いが完全に取れてさすがの職人技でした!

茨城県取手市 | 平塚様 | ペット屋敷清掃・ゴミ屋敷清掃

相続の兼ね合いで戸建て住宅の清掃をお願いしました。
猫が21匹ほど亡くなった状態のゴミ屋敷で臭いもかなりきつい状況でした。
それでも嫌な顔をせず分別や仕分けをしてくれさらには私たちが取り置きをしやすいようにお気遣いまでしてくれありがとうございます。
亡くなってしまった猫は通常可燃ごみらしいのですが、かわいそうだからと一緒に埋葬してくれたのできっと猫も喜んでいると思います。
床のコーティングは臭いが完全に取れてさすがの職人技でした!
急な依頼にもかかわらず対応していただきありがとうございました。

お客様の声
床上浸水で小さな子供もいるためお願いしました。

茨城県常陸大宮市 | 桜井様 | 水災害復旧作業

台風19号による床上浸水で小さな子供もいるためお願いしました。
床下点検口から中に入って床下の状況をテレビ電話を使って見せてくれました。
他の業者さんは消毒剤を床下点検口から撒くだけでしたが、それでは意味がない理由もしっかりお伝えいただけ安心してお任せしました。
カビ取りや防カビもしかっり行っていただけ、子育てするうえで心配だったことも解決できました。
水災害時にすぐ対応していただけたこと、とてもありがたかったです。お世話になりました。

特殊清掃会社スイーパーズのよくある質問

FAQ

よくある質問

弊社サイトをご覧いただいた中で新たに生じた疑問や質問など、

丁寧にわかりやすくお答えいたします。
お気軽にスイーパーズまでご連絡ください。

Q

お見積りは無料ですか?

お見積りは完全無料となっております。
お電話・メールでの無料相談も行っておりますのでお気軽にご相談ください。

お問い合わせ →
Q

見積もり時に立会は必要ですか?

事前にお客様から鍵を郵送やキーボックスなどでお預かりできれば、お見積もり時にお立会いいただかなくても問題ございません。
お見積りご依頼時にお立会い不可とお伝えください。

Q

お見積り金額から増える事はありますか?

御見積金額からの追加請求はございません。
「お見積金額 = ご請求金額」となっておりますのでご安心ください。
お見積りに含まれていない作業をする場合は、都度お客様に確認をとらせていただきます。
また、お客様から追加作業のご依頼がある場合は、改めてお見積りさせていただきます。
許可なく勝手に作業を行い追加請求することはございません。

Q

キャンセルは可能ですか?

作業の前日までにご連絡いただければキャンセル可能です。
※作業当日のキャンセルにつきましてはキャンセル料がかかってしまう場合もございますのでご注意ください。

Q

見積もりや作業の日程を後日、変更できますか?

日程の変更につきましては2日前までにご連絡をいただいております。
日時の変更による手数料は発生しませんのでご安心ください。

Q

土・日・祝や、夜間のお見積りは可能ですか?

スイーパーズは24時間365日対応です。
お客様のご都合のいい時間帯にお見積もりさせていただきます。

Q

電話やメールで目安の費用を教えてもらえますか?

お電話で状況確認をさせていただき概算のお見積金額をお伝えすることは可能です。
正確なお見積金額に関しては、現地にて広さや搬出ルートまた物量等を確認させていただいたうえで出させていただきます。

Q

料金の支払い方法を教えてください。

現金払い・お振込み・カード決済からお支払い方法をお選びいただけます。
銀行ローンも対応しておりますのでご相談ください。

特殊清掃会社スイーパーズのコラム

COLUMNS

コラム

お客様に有益な情報を定期的に発信しています。

サービスをご利用の際の参考にしていただければと思います。

水害復旧についての作業内容をご説明
2022.11.16

台風による床下浸水は清掃業者に依頼するべき?自分でできる対処法も含め解説

一年を通して四季がはっきり分かれている日本の気候は、季節毎にさまざまな顔を持ち合わせています。 気候の変化を楽しむことはある種の風情でもありますが、梅雨時期や台風シーズンは、場所によって危険と隣り合わせと痛感する場面もあ […]

水災害復旧
疑問
2022.10.27

孤独死の片付け義務は誰にある? 遺品整理はどうすればいい?

もし親族が孤独死してしまったら、その部屋の片付けはどうすればいいでしょうか。また残された遺品はどのように整理すべきでしょうか。 本記事では、孤独死における遺品整理や遺品の片付けについて解説します。 目次1 孤独死の遺品整 […]

家財整理特殊清掃
指を指して注意する男性
2022.10.26

特殊清掃の業者の選び方、悪質業者を避ける方法

孤独死などの事後処理は「特殊清掃」の専門業者に依頼するのが一般的です。 しかしながら、この業界にも「悪質業者(悪徳業者)」が存在していますので、そのような業者に依頼しないように注意を払わなければなりません。 本記事では、 […]

特殊清掃
2022.10.26

生活保護受給者が死亡したら家財処分はどうなる?

生活保護受給者が死亡し、故人の親族がその事後処理をしなければならないというケースは昨今珍しくありません。 もしそんな立場になったら、誰でもわからないことだらけで混乱してしまうと思います。 本記事では、生活保護受給者が死亡 […]

家財整理特殊清掃
2022.9.28

孤独死の現場は業者に清掃してもらおう!

人によっては「孤独死」の現場を発見することがありますし、それが家族や親族であるケースもあるでしょう。どのようなケースにしても、孤独死の現場は事件性がなければ早めに清掃してしまう必要があるのです。 本記事では、孤独死の現場 […]

特殊清掃
ステップ
2022.9.28

孤独死の処理の流れ〜発見から特殊清掃、遺品整理まで

誰にも看取られずに亡くなってしまう「孤独死」は、昨今希有なものではなくなっています。孤独死が発見されたらどのように処理されるか、その流れを知っておくと、いざというときに的確な行動をとることができます。 本記事では、孤独死 […]

家財整理特殊清掃

特殊清掃

コラムを見る>

ウイルス除菌消毒

コラムを見る>

ゴミ屋敷清掃

コラムを見る>

家財整理

コラムを見る>

犬・猫屋敷清掃

コラムを見る>

特殊清掃会社スイーパーズの対応エリア

AREA

対応エリア

今この瞬間もスイーパーズを必要とされる方が
全国各地に大勢いらっしゃいます。

日本特殊清掃隊の加盟事業者と連携を取ることで、
全国各地で高水準のサービスをご提供することが可能です。

日本地図

お電話でお問い合わせの方

ご質問・ご相談・お見積もり・お仕事のご依頼など
スイーパーズまでお気軽にご連絡ください。

特殊清掃・遺品整理・災害復旧のスイーパーズ

特殊清掃・遺品整理・生前整理
ゴミ屋敷清掃・空き家整理・犬、猫屋敷清掃
水災害復旧・火災現場清掃・ウイルス除菌消毒

年中無休 24時間受付

FAX. 0299-59-7016

〒315-0052
茨城県かすみがうら市下稲吉1598-8

メールでお問い合わせの方

必要事項をご記入の上、確認ボタンを押してください。
改めて当社スタッフがご連絡いたします。

必須

任意

必須

任意

必須 特殊清掃 ウイルス除菌消毒
遺品整理・生前整理・空家整理
ゴミ屋敷清掃 犬・猫屋敷清掃
水災害復旧 火災現場清掃
ご相談・お見積もり その他
メディア取材について

必須